カメラの雑誌は買取してもらえるのか?高く売れる雑誌と買取業者は?

カメラ雑誌を購入して、コレクションしている人も多いはずです。しかし、カメラ雑誌があまりにも増えすぎて、処分や買取を検討している人もいると思われます。実は、カメラ雑誌は高値で買取される可能性が高く、お宝雑誌が眠っている可能性もあるのです。

ここでは、高く買取されそうなカメラ雑誌や、高く買取される方法を解説していきます。

カメラの買取りにはネットオフの宅配買取サービスが便利

カメラ雑誌は高く買取される可能性がある

大前提として、カメラ雑誌は高く買取される可能性があります。

もちろん、全てのカメラ雑誌が高く買取されるわけではありませんが、希少価値が高いものや、マニアが注目している雑誌などは、高く買取される可能性が高いです。これはカメラ雑誌に関わらず、他のジャンルの雑誌で同様で、いわゆるマニアに受けるジャンルの雑誌は、高く買取されています。

カメラ雑誌では、希少価値が高く、比較的状態が綺麗なものが高く買取されるという点は覚えておくことが重要です。また、買取を依頼する業者に関しても、知識を入れておく必要があります。カメラ雑誌といった専門的な分野の雑誌の買取に関しては、普通の中古本買取業者よりも、カメラ雑誌などの専門誌を中心に扱う業者などに買取を依頼することで、買取額も上げることが可能です。

その他に、買取業者ではなく、ネットで出品して個人に買取を依頼するという手段もあります。

高く買取されるカメラ雑誌とはどのような雑誌か

高く売れるカメラ雑誌の特徴として、特化した雑誌であることが挙げられます。特化した雑誌とは、単純に流行のカメラやレンズを特集した雑誌ではなく、特定のメーカーを専門に扱っている雑誌や、人気写真家の特集を組んでいるような雑誌です。

特化した雑誌は、特定のファンには根強い人気を誇りますが、一般大衆向けではありませんので、発行部数は少なくなります。販売当初は、定価で買えますが、販売期間が過ぎ、増刷をされなかった雑誌は、流通量が限られていますので、雑誌自体に希少価値が生まれやすいのです。

例えば、雑誌の発売当時、そのメーカーや写真家に興味がなかった人達が、カメラが趣味になり、どっぷりとカメラに浸かってしまい、新品で手に入らない、希少価値の高い雑誌を欲しがりはじめると、そのカメラ雑誌は高く取引されるようになりますので、必然的に高く買取されることになります。

ライカのカメラ雑誌などは高く買取されやすい

カメラ雑誌の高価買取で有名なメーカーの一つとして、ライカを特集した雑誌があります。ライカは、1925年にドイツで発売が開始されたカメラのシリーズですが、カメラ自体がとても高価です。高価なカメラの代表格でもあるライカですが、熱心なファンも多く、ライカカメラ本体を特集した雑誌や、ライカレンズの特徴を特集した雑誌は、現在も新しく発行されています。

ライカマニアの人は、新型ライカの特集雑誌ではなく、古いライカの特集雑誌などを求めて、古本屋に足を運ぶ人も多いです。ネットでも古いライカ雑誌はよく出品されており、基本的に希少価値の高い古いライカ雑誌は人気があります。

そのため、高く販売されていますので、それに比例して買取価格も高くなっています。

ニコンのカメラを買取に出すときのコツ

ライカ以外でも特化したカメラ雑誌は高い買取が期待できる

ライカのカメラ雑誌を例に挙げましたが、ライカ以外のメーカ特集のカメラ雑誌でも高く買取されます。カメラ雑誌を購入する人は、基本的にはカメラを趣味にしている人が多く、特にカメラメーカーや特定のカメラにこだわる人ほど、そのメーカーやその機種についてもっと知りたいと思うようになる人も多いです。

カメラ雑誌で高く売れる雑誌は、どれだけマニアがいて、どれだけ特化しているかによります。例えば、富士フィルムが好きな人は、富士フィルムに特化した雑誌を好みますし、オリンパスが好きな人は、オリンパスに特化した雑誌を高く買う可能性があるということです。

シリーズ雑誌も高く買取してもらえる

特定のメーカーや特定の機種に特化した雑誌以外でも、シリーズものや連載もので順番に繋がっているような雑誌も、高く買取される傾向があります。もちろん、そのような雑誌も希少価値がなければいけませんが、シリーズものや連載ものでは、途中で欠落しているナンバーの雑誌を手に入れたい、と考える人います。

さらに、稀少性のある雑誌の場合、必然的に販売価格が高くなりますので、買取価格も比例して高くなるのです。この場合、単品ではなく、そのシリーズや連載の掲載されている雑誌が、最初から最後まで揃っていることが、高価買取の条件になります。

途中で抜けていたりすると、価値としては下がってしまいますので、シリーズものや連載ものは、全て揃っているかを確認して買取に出すことが重要です。

古本屋で高く買取をしてもらう方法

カメラ雑誌を買取してもらうことを決めたら、買取の準備を始めます。カメラ雑誌を高く買取してもらう場合、先述したように、シリーズものや連載ものであったら、まずは全て揃っているのかを確認することが重要です。もし、途中で抜けていたら、一度、部屋を探すなどして確認します。

しつこいようですが、シリーズが全て揃っているか揃っていないかは大事なポイントです。また、雑誌が汚れていたら、軽く拭き取るなどの手間はかけるのは必須になります。理由としては、古本屋の従業員は、雑誌の見た目の綺麗さで査定を左右させる傾向があるからです。

軽く吹いて汚れがとれない場合、アルコールやライターオイルといった、揮発性の高い油で拭きとると、汚れが落ちて綺麗になります。また、古本屋に持ち込む場合も、普通の古本屋に持ち込むか、カメラ雑誌などを専門に扱う古本屋に持ち込むかでも、買取相場は変わる可能性があるので注意が必要です。

ネットなどで調べて、もし、近所に専門誌を中心に買取してくれる古本屋があれば、そちらに買取を頼むのも一つの手になります。近くに専門誌を中心に買取してくれる古本屋がなくても、郵送で買取を受け付けている古本屋もありますので、そちらを利用して買取依頼するのも大事なポイントです。

ネットで売買するという方法

カメラ雑誌買取を、古本屋ではなく、ネットで直接欲しい人に買取してもらう方法もあります。メリットとしては、古本屋よりも高く買取してもらうことができる可能性が高いということです。デメリットは、梱包や発送の準備、買取してもらった人とのやりとり、そして万が一のクレーム対応といったところがあります。

手っ取り早く処分して多少のお金が欲しい場合には、古本屋に買取をしてもらったほうがいいでしょう。ですが、少しでも高く買取してもらいたのなら、フリマアプリやネットオークションを利用するのがベストになります。

どちらにしても、価値のあるカメラ雑誌を持っていなければ意味がありませんので、高く買取してもらえるかどうかを、調べてみることが重要です。調べる方法は簡単で、持っている雑誌を、ネットで検索してみることです。

中古販売価格が高ければ、高く買取してもらえる可能性が高いということになります。

ゲームやカメラの買取はどこがおすすめ?高額買取のポイントをご紹介!